ラクトフェリンのノロウイルス対策効果は超高し

ラクトフェリンのノロウイルス対策効果は超高し

ラクトフェリンのノロウイルス対策効果について

寒い時期に心配なのが、乾燥した気候の中で元気になるウイルス。そのウイルスの中でも特にノロウイルスは、手ごわく、一度発生すると、感染力も強いので、まずは、かからないように心がけることが大切です。とはいえ、特に集団生活をしているお子さんなら、心がけることにも限界があるかもしれません。そんなノロウイルスの対策として今注目されているのが、ラクトフェリンという成分です。

ラクトフェリンは自然由来、主に乳製品に含まれる成分です。この成分は腸に入ると、粘膜をウイルスから守る役割を果たします。イメージとしては、腸内に侵入してきたノロウイルスを、ラクトフェリンが腸内に入って変化したラクトフェリシンが、こうバクッと包み込んでしまうような、そんな頼もしいものです。
でも子供に飲ませて大丈夫かな?と不安に感じるお母さんもいるかもしれませんが、ラクトフェリンの主成分は糖タンパク質。この糖タンパク質はお母さんの初乳に多く含まれるものです。免疫力アップにもなるこのラクトフェリンなら、お母さんも安心して子供さんに飲ませることができますし、子供さんだけでなく、お母さんやお父さんも、家族で飲んでノロウイルスから家族を守ることができますよ。

参照リンク

殺菌効果が高くて安心のラクトフェリン

ラクトフェリンには、免疫力アップの他にも、抗菌作用や抗炎症作用といった優れた作用があります。
免疫力は、体がもつ、自分で病気と闘う力のことです。この免疫力が高ければ高いほど、病気にかかりにくく、また、病気が体内に侵入してきても、重症化することなく、自分で戦って治すことができます。抗菌作用は、目や口の中、女性で言うと生殖器官に見られるような外気と粘膜が触れる部分の粘液(目は涙)をイメージすると良いでしょう。高い抗菌、殺菌の力がないと、外気に触れるこれらの場所からたやすく菌の進入を許してしまいます。
また、痒みなどは抗炎症作用が高ければそれほど不快に感じることがなく、この力はアトピーなどの激しい痒みを伴う症状の改善にも大いに役立てられます。この3つの作用が全て揃っていれば、例え体内にノロウイルスが侵入してきても、鉄壁のバリアがウイルスからしっかり守ってくれるので、安心です。ラクトフェリンのこのパーフェクトな力は、正に、ノロウイルス対策にベストなものと言うことができます。家族がノロウイルスで辛い思いをする前に、今年の冬は是非、ノロウイルスが蔓延する前に、ラクトフェリンを毎日の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ラクトフェリンについて知りたい方

インフルエンザウイルスにもラクトフェリン

 

ノロウイルス対策でのラクトフェリンの効果をお話しましが、世の中のにっくきウイルスはノロウイルスだけではありません。皆さんご存知、インフルエンザウイルスだってあります。
これらのウイルスが体内に侵入してきた時も、やっぱりラクトフェリンの成分は十分に力を発揮してくれます。インフルエンザは、近年、毎年猛威を振るっているウイルスです。予防接種という方法もありますが、予防接種はウイルスの型を予測して行うものですので、必ずしもその型の抗体を持っているとも言えず、なかなか効果が上がらない印象です。実際、筆者の家族も毎年予防接種を行ってはいるものの、過去数回は家族4人で集団感染(?)した経験があります。一体何のための予防接種なのか・・・と思ってしまいます、とまあ筆者の愚痴はさておき、その後の経験からしっかりラクトフェリンを家族で摂取して、見事、インフルエンザとは無縁の健康的な毎日を1年を通して過ごしています。
考えてみると、インフルエンザの予防接種は、インフルエンザそのものにだけ効果を発揮するということを考えると、ラクトフェリンのほうがはるかに賢くて、よくデキた成分ではないでしょうか。ラクトフェリンは素晴らしい!

 

ラクトフェリンについて知りたい方

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ